トリケラトプス展

kerato_7295
大急ぎで見てきました
大阪市立自然史博物館 特別展
トリケラトプス ~知られざる大陸ララミディアでの攻防~
ティラノの脇役というイメージが強いですが
セントロがどうのとか あれとこれが同一だったとか
混乱していたのが整理されているようですね

androidでAR機能その3

Print This Post Print This Post
andro_0317
google playでベータ版登録までこぎつけました
google playって apple storeに相当するのかな
2012年に「Android Market」が「Google Play」に改名したり変化してます
Androidの世界も勉強しないといけませんね

参考になるtutorialもありましたが
「google play developer console」が
どんどん変化しているし 大変でした
難しいって言っちゃいけなのかな
そういうムードですね
2010年ごろの初期の参考サイトがあるのですが
細かいところが違うのですね
・・・・・

CGではなくてGcです

sanma

秋刀魚のレンジの仕方を紹介してみましょう
 焼くと部屋が臭うので 電子レンジを使います
 それでも 肉が爆発したり 電子レンジが汚れるので一工夫します
 写真のように ぬれたペーパータオルで包むといいですよ。
 焦げ目がない蒸し焼きです。

 これではこのサイトにふさわしい話題ではないので
 たんぱく質の話になります
肉食は心臓病や血管病になると言われています
 魚肉や鶏肉なら大丈夫なようです
 魚には N-グリコリルノイラミン酸(Gc) がないので
 血管にコレステロールを呼び込まないそうです。
CGではなくてGcです

 コレステロールにも善玉・悪玉があるとか 
 最近は弁解がましい説明になってきていましたが。
 ここへきて 本当の原因は Gc だったという説がでてきたようです
 
 お肉をたべると哺乳類の肉には このGcがあるので 
 どうしても人類は 心臓病になるというわけです
 どうして 哺乳類にあって 魚や鳥にないのでしょうか。
 哺乳類なのに人間にはないのも不思議です

 人間にないのは 脳の発達・巨大化と関係あるらしいのですが 
 こじつけっぽくてよくわかりません

 反論もあるようです
 この N-グリコリルノイラミン酸(Gc)の学説が本当なら 肉ばかり食べる
 エスキモーに心臓病が少ないのは矛盾しているという意見もあります
 これは免疫ができる前の子供の頃から哺乳類の血肉をたべているので
 アレルギーがおきないと説明できるでしょう

 書籍「恐竜再生 -ニワトリの卵に眠る、進化を巻き戻す 」
 ・・で ジャック・ホーナーが ニワトリから恐竜を再生するアイディアを提唱しています
 いろんな恐竜肉がスーパーにならべば 
 恐竜にGcがないと思われますので
 人類から心臓病が減るかもしれませんね。
 なんとか恐竜の話題につなげてみました
 ・・・終わり 

androidでAR機能その2

andro_0307


千円札をマーカーにしてみました
細かいところで、てこずりますね。
マーカーはどれが認識しやすいのか
androidのファイル操作はどうなっているのか
・・・など。
まるで標識や案内板のない荒地を歩いている感じです

イモムシはいつできたのでしょうか

三畳紀以前の昆虫迷路その2 「イモムシ」

昆虫の起源を読んでいますと
多足類(ムカデ・ヤスデ)より甲殻類(エビ・カニ)に近いとか
シミのような六脚昆虫が 翅を獲得して 有翅昆虫になったとか
カゲロウの鰓が翅になったとか
最近の議論にはそういうのがあるようです・・・

ところで
イモムシっていつできたのでしょうか
そういう話題って見当たりません
翅を獲得したのと同じくらい
イモムシ形態を獲得したのは すごいことだと思のですが
不思議です

冬や飢饉を乗り越えるためにイモムシ形態で忍耐したのはわかるのですが
関節もなく硬い外殻もなく まったく別の生き物に思えます
これを節足動物と言っていいのでしょうか
ムカデ・ヤスデ や エビ・カニ とも違いますね
強いて言うなら有爪動物:カギムシが近いのでしょうか

イモムシってどこからやってきたのでしょうか
カギムシへの 先祖がえりが 予想されますが
かといって カギムシが翅を獲得して有翅昆虫になった
というような説も見当たりません
謎ですね

昆虫というと蝶のような完全変態の事例を子供に提示するけれども
あたりまえの事象のなかに まったく解明されていない落とし穴が
いっぱいあるのですね

三畳紀以前の昆虫迷路

三畳紀にはたいていの昆虫は登場済みなので問題ないのですが
調べているうちに迷路に迷い込んでしまいました
「なぜ昆虫は海に進出しなかったのか」
「なぜ昆虫は温血化しなかったのか」
「気管鰓って何? 呼吸はどうなってるの」
風邪に襲われて寝込んでいるときには
ちょうどよい パズルかもしれません
知らないことが一杯あります。
解明されていないことが一杯あります。
脊椎動物と微妙に異なるルールがパラレルワールド感一杯です

参考文献  ぞわぞわした生きものたち -古生代の巨大節足動物- 金子 隆一/著 2012
参考文献  昆虫の誕生 -一千万種への進化と分化-石川 良輔/著 1996