無限脱皮生物その1

無限脱皮生物その1
セミの抜け殻を見て いろんなことを考えてみる
節足動物の本質は無限脱皮生物のはずだが
いつから 昆虫は 有限脱皮生物になってしまったのだろう
古生代の昆虫は もう少し巨大だったらしい
特に内翅類は羽化を1回するとそれで成長がとまり寿命を迎えるが
複数回、羽化してさらに巨大化してもよいのではないだろうか