CGではなくてGcです

sanma

秋刀魚のレンジの仕方を紹介してみましょう
 焼くと部屋が臭うので 電子レンジを使います
 それでも 肉が爆発したり 電子レンジが汚れるので一工夫します
 写真のように ぬれたペーパータオルで包むといいですよ。
 焦げ目がない蒸し焼きです。

 これではこのサイトにふさわしい話題ではないので
 たんぱく質の話になります
肉食は心臓病や血管病になると言われています
 魚肉や鶏肉なら大丈夫なようです
 魚には N-グリコリルノイラミン酸(Gc) がないので
 血管にコレステロールを呼び込まないそうです。
CGではなくてGcです

 コレステロールにも善玉・悪玉があるとか 
 最近は弁解がましい説明になってきていましたが。
 ここへきて 本当の原因は Gc だったという説がでてきたようです
 
 お肉をたべると哺乳類の肉には このGcがあるので 
 どうしても人類は 心臓病になるというわけです
 どうして 哺乳類にあって 魚や鳥にないのでしょうか。
 哺乳類なのに人間にはないのも不思議です

 人間にないのは 脳の発達・巨大化と関係あるらしいのですが 
 こじつけっぽくてよくわかりません

 反論もあるようです
 この N-グリコリルノイラミン酸(Gc)の学説が本当なら 肉ばかり食べる
 エスキモーに心臓病が少ないのは矛盾しているという意見もあります
 これは免疫ができる前の子供の頃から哺乳類の血肉をたべているので
 アレルギーがおきないと説明できるでしょう

 書籍「恐竜再生 -ニワトリの卵に眠る、進化を巻き戻す 」
 ・・で ジャック・ホーナーが ニワトリから恐竜を再生するアイディアを提唱しています
 いろんな恐竜肉がスーパーにならべば 
 恐竜にGcがないと思われますので
 人類から心臓病が減るかもしれませんね。
 なんとか恐竜の話題につなげてみました
 ・・・終わり