リアルタイムGIの不思議

realGI
gif動画が見えるでしょうか
影がbakeされているのが確認できます
ライト(mixed)を動かすと
ライトマップが削除されて作りなおされています
ところがplay中はこのように影が更新されません
原因不明・・・・で困っています

視差マッピング

視差
視差3
gif動画追加しました

 unity5の学習中です
 Standardshader の Heightmappingを試しました
 静止画では効果がわかりません カメラを動かしてみてください
 レンガの側面が存在しないのに あるかのように見えます
 ちなみに MAYAにはまだ視差マッピングを見かけません
右の球はnormalmapのみです

Enlighten のlightProbesその2

uniu511_24_taiho


ライトマップとライトプルーブを混同していたようです
clickで球が増えます
背景には間接反射による色のブリーディングが確認できます
リアルタイムGIかライトマップの効果かよくわかりません
動いている球体にも色のブリーディングが確認できます
それはライトプルーブの効果です 
その効果は微々たるものです
わずかな色の違いとして現れるようです

屈折実験その3

uniu511_21_reflaction3
屈折ごしに見えていた物体が消えることがあります
少しでも直接みえる物体は屈折計算から除外されるのでしょうか
屈折ごしに屈折物体を見ている時にかぎるのでしょうか
背景が無限遠のskyの場合に限るのでしょうか
よくわかりません


camera操作を追加しました

屈折実験その2

uniu511_21_reflactionB

画面をClickすると弾丸が発射されます
反射probeと違って この屈折は
レイトレースではないので処理速度は落ちませんね
おまけに SSAO=スクリーンスペース アンビエントオクルージョンもつけています
反射があるかのように見えます

屈折実験その1

uniu511_21_reflaction
Unity5に standard asset >Effect を入れて
GrassReflectiveで 屈折表現を試しました
レイトレースではありません distortionです
反射機能も含むのかとおもいきや
 カメラから見た映像を歪めて 貼り直しているようです
ガラス板の手前に赤円柱を置いていたのですが
 カメラから見える位置になるとあたかも反射しているかのように
 赤いものが見えてきます
従って反射のパラメータはありません
平面鏡の代用にはなりません
屈折するものは反射もするので
とりあえず水面やガラスに使えそうですが
 飽くまで擬似的な屈折表現ですね